AFP資格更新の準備

日本FP協会のAFP認定者は2年毎に更新手続きが必要です。私は今年の夏に2年目をむかえますが、まだ資格更新に必要な単位を全て取得できていません。後半年間で何をやっておかないといけないのでしょうか。

しっかり準備を進め期日間際に慌てないようにしたいです。

スポンサーリンク




AFPの資格更新に必要な単位

AFPは2年毎に必要な単位を取得して更新が必要です。

必須科目:「FP実務と倫理」
選択科目:下記2.~7.の2科目以上

合計で15単位が必要になります。

  1. FP実務と倫理
  2. 不動産運用設計
  3. リスクと保険
  4. 相続・事業承継設計
  5. 金融資産運用設計
  6. ライフ・リタイアメントプランニング
  7. タックスプランニング

単位の取得方法は研修や執筆、講師、SGの参加などになります。

執筆、講師、SGはそれぞれ最大7.5単位までしか認められません。

SGとは「スタディー・グループ」の略称で、FPに関係することを勉強する協会によって認定されたグループです。

また、上位資格であるCFPの試験に合格した場合は合格した科目の単位を7.5単位取得できます。CFPの資格試験は全6科目あるのです。

知識の再確認と新しい知識

法律は常に新しくなりますし、人生設計に必要な情報も時代にそったものを知っておく必要があります。私がAFPを取得したのも新しい情報を得ていくためでした。

FPの知識は生きていく上でとても大切なことだと思っています。勉強しようと思ってもなかなかできないことも多いので(実際に勉強不足・・・)、資格更新はよい機会と思って勉強したいと思います。

毎月SGの勉強会には参加していますが、FPに直接関係ない仕事をしているとFPのための勉強の時間をたくさん確保することは難しいです。SGによってとれる単位は7.5単位までなので、のこり7.5単位を研修などで補います。

時間に余裕をもって学習していきたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク