エアコンの掃除を行ってみた

ちょっと遅くなりましたが、やっとエアコンの掃除を行いました。

毎年夏になるといろいろな掃除の会社からエアコンクリーニングの案内を貰います。やったほうがいいんだろうなぁと思いながらも何年も放置してきたのですが、今年やっと掃除を入れました。実際にやってみた感想も含めてご報告します。

スポンサーリンク




エアコンクリーニング

エアコンクリーニングの会社っていっぱいあるんですね。チラシやお知らせをもらっていた会社のサービス期間が終わったので、ネットで安い業者を探してみました。

しかし、どこも似たり寄ったりのところが多く、自動掃除付きなどの高級なエアコンでなければどこも料金は1台当たり1万円前後が相場のようです。複数台まとめてクリーニングすれば値引きされるところも多いです。

私はいろいろ検討した結果、大手のダスキンにお願いすることにしました。

料金は3台で32,400円です。

before-after

掃除前は表からわかる範囲でも黒いカビが発生していました。拭き掃除してもなかなか取れ難くて大変なんですよね。

クリーニングをした後は黒い汚れはもちろんのこと、中まできれいになっています。

クリーニング

実際の作業は何をやってくれているのでしょうか。

まずエアコンのカバーを全部取り外して拭き掃除をしてくれます。フィルターは掃除機で吸ってくれますが、これはいつもの自分での掃除と一緒ですね。カバーを外して掃除することは自分では難しいのでこれは専門家にやってもらって助かります。

そして、高圧洗浄機でのエアコン内部の掃除です。水を高圧で吹き付けて掃除してくれるのですが、その際に真っ黒な汚れがどんどん流れていきます。そのため、写真のようにカバーをつけて洗ってくれます。このカバーの下の部分はバケツにつながっていて、黒くなった水がたまっていきます。

これこそエアコンクリーニングを専門家にお願いする価値があるところです。個人でやれる人はなかなかいないでしょう。

エアコンの内部はかなりよごれているようで、バケツが真っ黒になります。

感想

エアコンクリーニングを行った後は熱効率も良くなって電気代も下がるそうです。これはまだまだ実感はしていないですが、来年にでも比較してみたいと思います。

しかし、何と言ってもクリーニングした後はあれだけ真っ黒になるくらいの汚れが取れたのだから、空気も綺麗になっているはずだという、なんというか気持ち的に気分がいいです!(自己満足か・・・)

クリーニングは2年に一度は実施したほうがよいそうです。しかし、そろそろ使っているエアコンは10年になろうとしています。10年を過ぎるとクリーニング効果も少なくなるそうで、新しいエアコンを買った方がよいよと言われました。数年後には大きな出費がまってそうです。

見積もり時は2人、3人で実施するとのことでしたが、来たのは1人でした。作業自体はプロなんでしょうが、手際が良くなく2時間で終わる予定が4時間以上かかりました。掃除中はもちろんエアコンが使えませんから、早く終わった方がいいですよね。

家具やベットなどに汚れがつかないように養生もしてくれるのですが、いろいろなところに黒いシミがついていたので、思った以上に汚れは部屋中に飛んでいそうです。養生などもしっかり行ってくれるところがよさそうですね。

なんだかんだ言っても実際にクリーニングは行ってよかったと思います。特に運転開始直後のモアッっとしたものが出てこなくなったようです。次回はクリーニングでなく買い替えになりそうです。子供のことも考えて汚い空気で喘息になるよりは綺麗な空気で過ごさせたいですよね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク