ANAのふるさと納税

しばらくふるさと納税に関する情報って意識してみてませんでした。
先日ANAのトラベルニュースで「【ANAのふるさと納税】新たに参加自治体が追加!」ってメールが届きました。ANAがふるさと納税!?と思ったのですが、調べてみるとちょっと面白いかもです。

ところで今年の旅割のCMで帽子と浮き輪持って飛んでるANAの飛行機をかなり気に入っています^^

スポンサーリンク




ANAのふるさと納税

簡単にいうと、ANAが運営しているふるさと納税に関するポータルサイトでしょうか。

このサイトから自治体へのふるさと納税が簡単にできるようですが、まだサービスが始まったばかりで全国の自治体への寄付が可能なわけではないようです。

対応自治体

2016/6/11の時点ではまだまだ対応自治体はすくないですが、徐々に対象が増えていくようです。

20160611_ana_furusatotax2

ANA限定の返礼品もあるみたい

20160611_ana_furusatotax4

こちらも数は多くはないですが、一部このANAふるさと納税経由でないともらえない返礼品もあるようです。こういう仕組みも嬉しいですね。

支払い方法はクレジットカードのみ

寄付にはクレジットカードを使った支払のみのようです。
ANAカードでなくてもどのカードでも大丈夫でした。
実際にふるさと納税を行ってみると、「Yahoo!公金支払い」を使って支払いでした。
ふるさとチョイスなどの他のポータルサイトと一緒ですね。

ANA SKYコインもらえます

ANAふるさと納税を利用すると一寄付ごとにANA SKY コインを100コインプレゼントされます。

ANA SKYコインは航空券の購入などにも使えますのでうれしいですね。

ガバメントクラウドファンディングに対応予定

観光活性化を目的とした自治体主導の目的型寄附「ガバメントクラウドファンディング」に対応予定。

ガバメントクラウドファンディングとは自治体がオーナとなって実施するクラウドファンディングです。

クラウドファンディングとは「こんな企画をやりたいので資金を提供してください」と広く呼びかけを行い資金を集めるものです。群衆(crowd)と資金調達(funding)からできた造語ですね。

今までの返礼品などに限らず様々な企画に対して寄付を行い、その寄付金をふるさと納税と同じ寄付金控除の特例を使うことができます。

ガバメントクラウドファンディングの例

和歌山県橋本市がオーナーとなっているものを例にあげます。

20160611_ana_furusatotax5

240万の資金を集めて花火を上げようって企画ですね。

この企画に賛同して寄付した人にはこのような特典があるようです。

20160611_ana_furusatotax6

このような企画が多く行われ、寄付文化がもっと発達すると面白いですね。

ふるさとSTORY

ANAのふるさと納税のページにはふるさとSTORYと題して、地方の思いやふるさと納税の返礼品についての情報が載っています。ただ、返礼品をカタログギフトのようにみるのでなく、その土地の思いを一緒にみることによってまた違った見方で各自治体のことも知ることができそうです。

20160611_ana_furusatotax3

ふるさと納税から始まる寄付文化

日本はまだまだ寄付に関する気持ちが弱いと言われています。

人口が都市に集中することで地方は人口減少などによって厳しい状況です。しかし、都市に住む人も地方からの生産物があるから生活することができますし、地方があるから雑多な街から離れ余暇を楽しむことができます。

私は都心に住みながらもそのような地方の恩恵を忘れず、ふるさと納税を活用して寄付をしていきたいと思います。

返礼品も美味しくいただき、そして地方をいろいろな角度で知って、実際に足を運んでいきたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク