ビットコインキャッシュをもらいました

先日、8月1日にビットコインのブロックチェーン分岐が行われ新たにビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が誕生しました。

bitFlyerでは保有しているビットコインと同数のビットコインキャッシュを付与してもらいました。

スポンサーリンク




ビットコインキャッシュってなに?

ビットコインではブロックチェーンという技術が使われています。取引をブロックと呼ばれる単位で記録していくのですが、計算速度の問題や発行できる量などいろいろな問題で分裂騒動が起きていました。中国でビットコインの規格に反対している人達から作られたのがビットコインキャッシュです。基本的な技術はビットコインと同じですが、取引の際の情報量が少なくなり、扱うブロックサイズが大きくなっています。

分裂の初めはビットコインと同数のビットコインキャッシュが配布されましたが、配布後はビットコインとはまったく異なる市場で取引されていくので、ビットコインとは異なる価格で取引されていきます。

取引価格は?

1ビットコインが30万円程度でしたが、1ビットコインキャッシュは3万円程度でした。

分裂してビットコインキャッシュが付与されても価値は理論上変わらないと言われていました。

30万円分のビットコインが分裂すると、27万円分のビットコインと3万円分のビットコインキャッシュになるとのことだったのです。

しかし、ビットコインの価格は下がらず逆に上昇しています。ビットコインキャッシュは価格が下がっていますね。

現在の価格は

ビットコイン:346,994円
ビットコインキャッシュ:27,405円

となっています。

ビットコインは分裂後も上下を繰り返しながら徐々に価格が上がっていましたが、8/5に5%近く上昇しています。

取引量がいつもより多いですね。大量のコインが買われていますが、この後暴落しなければよいのですが、、。

ビットコインの今後

勉強も兼ねて少額を保有していますが、実際にビットコインを保有していることでいろいろな情報が飛び込んできます。

Harvard Business Reviewの8月号がブロックチェーンに関する特集でしたが、今後仮想通貨だけでなく、様々な分野でブロックチェーンの技術は活用されていくでしょう。実際に取引してみていろいろな知識を得ていきたいです。

ビットコインもビックカメラで全店で利用できるようになったり、8月7日からは新宿マルイでも試験的に決済サービスを開始されるなど、利用できるところが増えていきます。

bitFlyerではAmazonギフト券にも交換できるので、活用できそうですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク