仲介手数料の+6万円ってなんだっけ?

よく不動産会社からマンションの売却についてチラシがきます。売却する予定はまだありませんが、ちょっと考えることがあります。

その中でよく仲介手数料が「3%+6万円」と記載されていますが、+6万円ってなんでだっけ?となってしまいました。FPとして得た知識にあった気もしたので調べてみたらこんなことも覚えていないもんなんですね。。。

スポンサーリンク




売買・交換の媒介の報酬限度額

宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者が宅地・建物の売買を行った場合に受け取ることができる報酬限度額が定められています。その際の手数料は以下のとおりです。

売買代金 手数料率
~200万 5%
200万~400万 4%
400万~ 3%

※400万~とは400万を超えたところになるので、400万の場合は4%になります。200万も同様に5%です。

5000万円のマンションを売却した場合の手数料

公式で計算した場合

冒頭の「3%+6万円」の公式に当てはめてみましょう。

5000万円 × 3% + 6万円 = 156万円

となります。

積み上げて計算した場合

①~200万円
②200万~400万
③400万~
の3つに分けて計算してみます。

①~200万円以下の200万円について計算
200万 × 5% = 10万円

②200万円越えから400万円以下の200万円について計算
200万円 × 4% = 8万円

③400万円越えから5000万円までの4600万円について計算
4600万円 × 3% = 138万円

①+②+③
10万円 + 8万円 + 138万円 = 156万円

6万円は調整費だった

全て3%だとして計算した場合は①は4万円、②は2万円の差額が生じます。

その差額6万円は400万円以上の取引の場合は固定になるので、不動産の売買の時には
3%+6万円
と簡潔にしているのですね。

FPの知識は使わないとどんどん忘れていく・・・

FPの資格を取得しても分かっていないことは沢山あります。そもそも60%の知識で合格できてしまうので理解できていないところは沢山あってもおかしくはない。

特に私は不動産分野は一番不得意な分野だったんだった・・・

AFPでは継続して勉強を続けていき、単位をとって2年毎に更新を行います。一度取得したら終わりでなく、勉強を継続していくことはとても大切なことですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク