確定拠出年金での運用アセットクラスにつて

確定拠出年金での資産運用を行っていますが、私は株式を中心に運用しています。

バランスファンドにしている方もかなり多いみたいですが、税金を考慮すると一番よいのは株式中心にすることだと私は思っています。

その点について今日は書いてみます。

スポンサーリンク




現在の確定拠出年金での積立金額と比率

私の会社では確定給付企業年金も実施しているため、確定拠出企業年金では月額27,500円まで拠出することができます。

私は限度額いっぱいの27,500円を毎月次の比率で積み立てます。

積立対象 アセットクラス 金額 比率
DC海外株式インデックスファンド 先進国株式 \16,500 60%
DC国内株式インデックスファンド 日本株式 \5,500 20%
DC新興国株式インデックスファンド 新興国株式 \5,500 20%

株式のみで運用することのメリット

その前に確定拠出年金でのメリットはなんでしょうか。

大きな税制のメリットは次の3点があります。

  1. 運用に伴う配当金や運用差益は非課税となる
  2. 受け取り時に一時金で受け取るなら退職所得、年金で受け取る場合は公的年金等の控除がある
  3. 拠出金は所得控除される

株式で運用することのメリットはこの1.に関係します。

株式と債券では株式の方がボラティリティーが大きい(価格変動が大きい)です。ということは運用差益が出た場合の税制メリットが大きくなるのです。

一般口座(特定口座)と確定拠出年金で同様の投資信託を保有した場合を考えてみると確定拠出年金で運用した方が税制メリットが大きくなります。

確定拠出年金には拠出の上限が決まっていますが、個人で運用している資産全体の比率を考慮する必要があります。

60歳までの長い時間を活かして運用する

確定拠出年金での運用期間はとても長いです。
20代から実施できてたら40年間、30代からでも30年近くの運用が可能です。

その長期運用期間を活かして、株式での運用益を狙いたいです。

私の運用益は現在マイナスです。それはここ数年間だけを考えると円安の影響をかなり受けているためです。しかし為替は長期運用することで平均化されることを期待します。今後も続く長期の積立により利益が出たところで少しずつ、安全資産(定期預金や国内債券)へシフトしていく予定です。

私の確定拠出年金での運用益はマイナスですが、確定拠出年金実施者の90%は0%~1%になっているそうです。でもそれって、ほとんどみんな定期預金(デフォルト設定)のままなんじゃないでしょうか?

投資の知識は簡単ではないですが、わからないからと言って放置していると定年後の資産に大きな影響を及ぼしてしまうと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク