車を所有していなくてもETCカードは必需品

車を持っていない人にはETCカードなんて無縁だと思っていました。

タイムズカーシェアの利用を開始してから休日にドライブをする機会が増えました。車があると行動範囲がグッと広がりますよね。子供を連れて出かける際に車だと寝てしまった場合がとても楽です。ベビーカーを使わなくなってからのお出かけではお昼寝場所に困ることが多いのですが、車があるとその心配がなくてとても助かっています。買い物で荷物が一杯で抱っこができないなんてことはありません。

そんなわけで車で出かける機会も増えたのですが、今までは高速道路では毎回料金所でお金を払っていました。しかし、ETCカードを所有していると便利&お得だということに今更ながら知ってしまいました。

スポンサーリンク




ETCカードは車を所有していなくても申込みできる

当たり前だったのかも知れませんが、私は車を持っていないと無縁なカードと思い込んでいましていままで申込みをしていませんでした。

基本的にクレジットカードと一緒に申し込むか、追加カードとして発行します。
車(車載機)を持っていなくても誰でも申し込むことができるのでした。

私はクレジットカードに三井住友VISAカードを利用しています。

もともとクレジットカードのメインカードとしては”三井住友VISA ゴールドカード”を利用していました。 インビテーションをもらったのを...

三井住友VISAカードでは無料でETCカードを発行可能です。1年間に一度も利用がないと540円の年会費がかかってしまいますが、一度でも利用実績があれば無料で使用することができます。

ETCカードは割引がいっぱい!

いろいろな割引あるようです。

深夜割引

対象車種:すべての車種
対象日時:毎日0時~4時
割引率:30%割引
0時~4時の間にNEXCO3社が管理する割引対象道路を走行すれば割引が適用されます。

深夜遅くなった場合の移動には割引が30%にもなります。

休日割引(地方部)

対象車種:普通車、軽自動車等(二輪車)
対象日時:土曜・日曜・祝日
割引率:30%割引

土日や祝日に地方に行くと30%の割引になります。

さらに利用回数に応じて30%や50%の還元もついてくるのです。

東京から御殿場へのドライブの場合

ETCなしだと2,570円です。

それがETCを利用すると。休日の場合は2,130円、深夜なら1,800円になります。

首都高速も利用した距離で代金が変わる

高井戸から新木場まで首都高速を利用するとETCなしだと1,300円です。

ETCを利用すると960円になります。

渋谷から霞が関の短距離の場合はETCなしだと1,300円ですが、ETCだと320円とかなり安くなりますね。

アクアラインの場合はとってもお得

東京湾アクアラインでは川崎浮島ICから木更津金田ICの間の料金が通常3,090円のところをETCでは800円で通行可能になります。以前、東京湾アクアラインを利用した時は往復で6,000円かかっていました。それが暫く車の所有を止めて利用していなかったのですが、こんなに割引が効くようになったのですね。

これはETCなしでアクアラインの利用は考えられません。

他にも「ドラ割」などいろいろな割引が!

ウェブサイトへの登録が必要なものもあるようですが、地方ごとの周遊チケットのような高速道路が割引になったりするものもあるようです。

ドライブに行く際は必ずサイトをチェックしよう

ETCのいろいろな情報が入手できるサイトを見つけました。

ETC総合情報ポータルサイト

これからはいろいろとチェックしてドライブを楽しみたいと思います!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク