iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回りETFを購入対象に追加

NISA口座での購入対象に新たにETFを追加しました。

いままでもNISA口座ではETFを購入していましたが、ここしばらくはあまり追加投資をしていませんでした。投資信託の信託報酬もかなり下がりETFと同じくらいの水準になったインデックスファンドも多いため、信託報酬の低さはETFのメリットではなくなったように思われます。

しかし、それでもETFの良さもあると思うのでいろいろと購入を検討していました。

スポンサーリンク




1478 iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF

設定日は2015年10月19日と比較的できたばかりのETFになります。以前から気にしていたのですが、購入するには情報が足らず様子をみていたのです。

名前の通り「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」への連動を目指しています。

MSCIジャパン高配当利回りインデックス

「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」とはMSCIの定めるインデックス指数なのですが、高配当を行い配当利回りの高い企業のみを選定するのではありません。
配当の継続性やROE、自己資本比率など企業の財務体質も考慮している点がTOPIXや日経平均などの市場全体に投資するのとは異なっています。

MSCIのインデックスについて少し調べてみました。ジャパン高配当利回りの銘柄選択方法がありましたので、参考に引用しておきます。

構成銘柄の選択方法

1. 配当利回りの質に関するスクリーニング
‒ 配当性向(1株配当金/1株利益)が正。無配や収益マイナスを 除外。
‒ 銘柄数ベースで配当性向トップ5%は除外。収益と配当のバラ ンスを確保(配当金下落リスク大)。
‒ 5年間で1株当配当金が減少している銘柄を除外。
‒ ROEや負債/自己資本比率、直近5年の収益変動性から算出す るクォリティ・スコアが負の銘柄は除外。
‒ 1年間の株価パフォーマンスがマイナスである銘柄群の下位 5%を除外

2. 残った銘柄から、MSCIジャパンやMSCIコクサイ等、元指数の 配当利回りの130%を超える利回りの銘柄を選択する。

https://www.msci.com
MSCI指数ハンドブックより引用

直近のチャート

チャートのイメージは日経平均と同じような印象を受けます。

日経平均も2016年4月ごろは16,000円を超え、夏前に15,000円と7,8%下落してその後上昇していき19,000円と20%上昇しているので、同じような値動きのようです。

構成銘柄

現在の構成銘柄は全部で33銘柄です。有名な企業が並んでいますね。
少し業種が偏っているような気もします。

6301 小松製作所
9432 日本電信電話
7751 キヤノン
8035 東京エレクトロン
9437 NTTドコモ
5108 ブリヂストン
9433 KDDI
8001 伊 藤 忠
2914 日本たばこ産業
7267 本田技研
6902 デンソー
7201 日産自動車
7203 トヨタ自動車
7270 SUBARU
4568 第一三共
1878 大東建託
1928 積水ハウス
7259 アイシン精機
8795 T&Dホールディングス
3405 ク ラ レ
4704 トレンドマイクロ
4508 田辺三菱製薬
8304 あおぞら銀行
4902 コニカミノルタ
6113 アマダホールディングス
6302 住友重機械
9201 日本航空
2651 ローソン
TPM7 TOPIX 先物 2906月
4185 JSR
5110 住友ゴム
8729 SONY FH
5101 横浜ゴム
TMIM7 ミニTPX 先物 2906月

分配金

年2回、2月と8月に分配金を出します。

過去12ヵ月の分配金利回りは2.30%となっており、日経平均の配当利回り1.71%と比較しても確かに高配当ですね。

今後の投資方針

1478 iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFの価格は一口あたり2,000円以下で昨日(2017/4/7)は1,923円でした。

一口当たりの価格が安いので、他の株式などの配当が出た後など、少額の残高で手軽に購入ができます。

配当利回りが高いのでおやつ代わりに資産にプラスしていこうかと思います。

構成銘柄は企業の状況をみて自動的に組み替えられますので、このETFの価値がなくなることはまずありません。この点は長期的な投資に向いていると思います。
分配金を出すので投資信託のインデックスファンドのように複利の期待がない点が多少きになりましたが、NISA口座での投資なので税金がかからないですし、分配金を資産配分を考慮して追加資金投入と一緒に他の資産などに振り分けられるので、複利効果がないわけではないです。

日本株式の資産配分の微調整も兼ねながら投資していきたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク