田辺市から梅干しをもらいました

今年のふるさと納税では3年ぶりに和歌山県田辺市の梅干しを頼みました。

前回とは少し量が少なくなりましたが、大きな梅干しが4kgも届きました。
さっそくレポートです。

スポンサーリンク




和歌山県田辺市

和歌山県の中ほどに位置する熊野古道でも有名なところです。そして何と言っても紀州の梅で有名ですね。

田辺市からは全国の熊野神社の総本宮にあたる熊野本宮大社へと続く熊野古道中辺路があります。「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

梅酢のポリフェノールはインフルエンザに効く

我が子は梅が好きでよく料理などに使われると好んで食べますし、梅干しをそのままご飯にのせて食べたりもします。しかし、話を聞くとあまり好きでない子供も多いようですね。

私は梅は嫌いではありませんが、どちらかと言うと梅酒にした方が好きです。

調べてみると、

梅酢から抽出したポリフェノールが、微量でインフルエンザウイルス等に強い増殖抑制作用や消毒作用があり、安全性も高いものであることが、和歌山信愛女子短期大学の小山一学長の研究グループらによる研究で分かりました。

とのことで、私がここ十数年インフルエンザにかからないのはこのポリフェノールのお陰だったのかな?

田辺市の梅干しは大人気

2014年にもらった時は1万円で約7Kgももらえました。今回は約4Kgです。

サイズは少し小さくなりましたが、それでも大量の梅干しです。

前回は親兄弟などにもお裾分けしてもかなり長い間食べることができました。

お裾分けようにレシピなどが3セットついてきており、タッパーのケースまでついてきています。

ちょっと番外

この田辺市の近くの白浜町には「ホテル川久」があります。

ホテル川久では、ヨーロッパ調の全室スイートルームでお出迎えいたします。高級食材の晩餐会「王様のビュッフェ」と最上級のオープンテラスデッキの露天風呂で優雅な休日を。公式サイトで予約いただくと最安値保証です。

全室スイートルーム、王様のビュッフェと私が泊まってみたいと狙っているホテルの一つです。大阪から高野山、熊野神社を経由してここに泊まってゆっくり休むプランなんですが、子供が小さいのでしばらくは無理かなぁと思っています。。

いつか行ってみたいところです!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク