三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました

今更ながら初めて「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきました。

子供にトトロのアニメを見せてからすっかりはまってしまって、毎週休みの日にとなりのトトロを見ることになってしまったので、でっかいトトロに合わせてあげようと連れて行ってみました。

私自身も行きたいとずっと思っていましたが、今回が初!なんと2001年に開館したそうなので、もう16年も経ってるんですね。

大人も一緒になって楽しめるところです。ちょこっとレポート!

スポンサーリンク




交通ルート

アクセスルートは電車か車になりますが、私は車で行ってきました。

「三鷹の森ジブリ美術館」には電車で吉祥寺に行ってから徒歩20分くらいまたはバスでいくことになりますが、子供の体力を考えて車で行きました。長時間の移動を伴う時はお昼寝も考慮して車がやっぱり便利です。

併設している駐車場はないとのことでしたが、「三鷹の森ジブリ美術館」のすぐ近くに井の頭公園第2駐車場があるので、そちらを利用しました。混雑するかと思いましたが、休日のお昼に行っても待ち時間なく駐車することができました。
問題は最大料金設定がないので、1時間400円となっており長時間の滞在には駐車代がかかってしまいます。

大人も子供楽しめる!

ghibli_20170212 (1)

入場券がフィルムになっていました。
これは何回も行っていろいろ集めたくなってしまいますね。

展示は常設展から企画展といろいろな展示が行われています。

ネコバスルーム

2階の屋上庭園の入り口のところに大きなネコバスいる部屋がありました。子供たちが順番にならんで交代で遊ぶことができます。

在館中に何度も子供が遊びたがるので、一通り見終わったあとは夫婦交代で遊ばせました。
入場時間直後に真っ先に行くのが空いててよかったです。

子供だけでなく大人も乗りたいのですが、、今は企画展示室にネコバスがいるのでそこでふかふかのネコバスの中に入ることができます!

屋上庭園

ghibli_20170212 (3)

ロボット兵がいました。

写真は館内は禁止です。屋外では撮影することができるので、ロボット兵の前は写真スポットになっていて、順番にカメラを向けていました。

個人的には一番見たかったので嬉しかった。いままでは公園からちょこっと見てただけだったので、やっと近くに行くことができました。

奥にはラピュタの中枢部にある石があって、ラピュタ語が刻まれていました。
きっと「バルス!」って言ってる人がたくさんいるはず・・・

短編アニメの上映

映像展示室ではオリジナル短編アニメを上映しています。入場券のフィルムがチケットになっていました。

  • くじらとり
  • コロの大さんぽ
  • めいとこねこバス
  • 水グモもんもん
  • 星をかった日
  • やどさがし
  • ちゅうずもう
  • パン種とタマゴ姫
  • たからさがし

日によって上映が違うそうなので、「めいとこねこバス」「星をかった日」を見てみたいです。上映日を調べられるのであれば次回は狙ってみようと思います。

映画の生まれる場所

子供はあまり興味なさそうでしたが、私たち夫婦にとってはとても魅力的でした。もっとゆっくり見たかったけど、見ている間に子供が人の隙間を抜けて行ってしまうので、、交代でみることにしました。

懐かしいものが沢山あってとても楽しい場所でした。

ミュージアムショップとカフェ

入場時間は決まっていますが、入替制ではないので、疲れたらカフェ一休みすることができます。

ちょっと並んでしまいますが、ご飯も食べれるしジュースなども美味しいものがありました。
ぶどうジュースを子供がお気に入り。

そしてショップ。これはずるい!だっていっぱい買ってしまうではないですか。

子供はトトロのスタンプが気に入ったようで、家に帰ってからもいろいろなところに押しまわっています。。
お皿などもいろいろあって欲しくなりました。このお皿でのディナーとか楽しそうですよね。

何時間いても飽きない

ghibli_20170212 (2)

館内にはいろいろなところにキャラクターが隠れていることもあるので、ステンドグラスなどをみて「ここにもトトロがいる!」って楽しんでいました。

迷路のような雰囲気もあるし、狭い螺旋階段を登ったり、子供はとっても楽しんでいたようです。

短編映画の上映日を調べてみて、また暖かくなってきたら公園の散歩も兼ねてまた行ってみようと思います。

番外編

ghibli_20170212

トトロの受け付けは館内でなくて、外にありました。
中をいろいろ探し回ったけど、見つからなかった。。

吉祥寺駅から歩いてくるところにあったので、バスや車で来ると反対側になっているので、美術館の周りを1周散歩するのもお勧めですよ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク