子供の成長と合わせて金貨を購入

毎年、子供のために金貨を購入しています。

今年購入予定の金貨を先日購入してきました。今回の購入でやっと4枚目になります。

スポンサーリンク




金貨を毎年購入

金に興味をもって調べていると、スイスでは毎年子供の誕生日に金貨を送る習慣があるということを知りました。

それから私もやってみようと思いましたが、まだお金の価値が分かっていない子供に渡すことはできません。そのため、成人になるまで内緒で貯めてプレゼントしようと思っています。

子供の生まれた年の金貨が1/10オンスのサイズしか残ってなかったので、今回まで毎年全部1/10オンスのサイズを購入しています。1/10オンスのコインは約17,000円くらいなので、成人するまで購入しても34万程度になります。たったわずかな金額ですが、アルバムいっぱいに入った金貨を成人の日にプレゼントすることを目標に買い進めます。

購入している金貨

毎年購入している金貨は「ウィーン金貨ハーモニー」という裏にウィーンホルン、ハープ、ビオラ、バイオリン、ファゴットなどの管弦楽器がレリーフされた金貨です。

20150919_gold

サイズには1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類があります。

1オンスは28.3495gだけど

ちょっとここでオンスについて説明しておきます。私も最初悩んだのです。

一般的に1オンスという重さの単位では28.3495gになります。
1オンスとは1ozと記載します。

オンスは重さの単位だけでなく液体の体積を表す単位でもあるのです。

イギリスとアメリカで異なり、イギリスでは1オンス=28.412ミリリットル、アメリカでは1オンス=29.573ミリリットルになるんですね。このオンスは珈琲のスターバックスでも量を示す単位として使われていますね。約30mlとして覚えましょう。

ではここで金貨の場合はまた重さがことなるのです。

1オンスは31.1035gになるのです。金の場合は1トロイオンスという単位を使います。

1オンス金貨の重さとサイズ

1オンス金貨は1トロイオンスになるので、重さは31.1035gです。

直径37mm、厚さ2mmになります。

金の価格

2015年の年末を底値(1,100ドル/トロイオンス)に2016年は徐々に上がってきており今では(1,300ドル/トロイオンス)となっています。

円換算では為替の影響もありここ数年は4,000円/グラムから5,000円/グラムで推移しています。
夏の初め7月頃は4,900円/グラムでしたが、今日まで1ヵ月で4,700円/グラムくらいまで下がってきています。

金の価値は変わらない?

今後金価格がどうなるかわかりませんが、少なくとも今すぐに価値が0になるようなことはないと思っています。ですので、わずかな金額ではありますが、子供のためのプレゼントの一つとして毎年購入することを楽しみにしています。金貨には製造した年が刻印されていますので、生まれた年から全ての年で集めたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク