金貨を子供へプレゼント

金貨を毎年子供へのプレゼントのために購入しています。

今年も継続して購入してきました。金貨の購入って思った以上に簡単だし金額以上の効果もあるのかなと思っています。

いつの時代も人々を魅了してきた金貨ですが、それはこれからも変わらないのでしょうか。
子供が成人するまで金貨を買い続けプレゼントするのが目標です。

スポンサーリンク




今年の金貨の価格

金の価格は今年に入ってから徐々に価格は上向きでしたが8月頃からまた少し上げてきています。

久しぶりに5,000円/gを超えて、5,113円/g(2017年9月9日現在)となりました。

過去の高値ってどうだったんだろう

2013年に5,084円/gが最近では高値でした。過去には1980年に6,495円/gと最高値を記録しています。

1980年に何があったのか調べてみましょう。

1979年にはソ連によるアフガニスタン侵攻がありました。
1980年にはイラン・イラク戦争です。

戦争などが起きると金の価格はあがるのでしょうか。先日起きた北朝鮮による弾道ミサイルが日本上空を通過した時にも上昇しています。地政学リスクによる金価格の上昇は起こるようですね。

この価格は日本円にした場合ですが、ドル建ての金価格は2011年に1986ドル/トロイオンスと最高値を付けています。現在は1300ドル/トロイオンス程度での推移です。

金貨の購入先

金貨はいろいろなところで購入することができます。

店頭販売、ETF、純金積立などいろいろな方法があります。

私は純金積立も行っていますが、それとは別に子供へのプレゼント用は金貨として店頭で購入しています。

購入先は田中貴金属工業です。私は銀座か新宿で購入しています。

お店に入ると警備員がいますが、人もあまり多くなく静かなところです。そこで受付をしてから金貨の購入であることを告げると番号札をもらい、名前や住所などを記載します。
番号を呼ばれたら購入したい金貨を伝え、重さを確認してお支払いになります。

金貨の購入は壁で仕切られてるブースで行われます。購入は現金のみなので、大量の金貨を購入する時はどういった取引になるんでしょうね。

子供が成人する日まで

まだまだ先ではありますが、毎年金貨を購入してアルバムに追加していきます。

買った日付とその時の価格も一緒にメモしているので、長い年月が経って記録が増えるとちょっと面白いのではないかなと思います。

金貨は利子もつかないので預けていても自分で保管しておいても価値は変わりません。もちろん自分で保管する場合は盗難や紛失のリスクはあります。

しかし現物が手元にある面白さもあります。純金積立では数字だけの世界になってしまっていますが、手元にあると買った!という気がすごく強いです。

コツコツと頑張って毎年買い続けていこうと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク