グルメクーポンで高級焼肉に行ってきました

三井住友VISAプラチナカードでは年に二回ほどグルメクーポンを送ってくれます。
このグルメクーポンを利用すると、コース料理の1名分が無料になるのです。

今回は焼肉を食べたいとのことで、南青山にある「焼肉 青山外苑」に行ってまいりましたので写真たっぷりでレポートしたいと思います。

小さい子供もいるのに受け付けてくれました。時間まではちょうど桜の季節でしたので、東京ミッドタウンの桜と青山霊園の桜並木をみながらゆっくりと散歩です。

スポンサーリンク




焼肉 青山外苑

最高レベルの肉質を持つA5ランクの国産黒毛和牛を、心ゆくまで堪能できる。全席に無煙ロースターも完備。南青山らしいスタイリッシュな店内。シーンに応じて選べる個室も用意しております。

「おせんコース お一人様 14,040円」

おせんコース

この「おせんコース」は通常のメニューにはなくグルメクーポン専用のコースのようです。

前菜、焼物、お食事、甘味と続きます。

順に写真とともに振り返ってみましょう。

前菜

キムチ2種
ナムル3種
牛タンの塩ゆで
チョレギサラダ

まずはお酒のつまみのような形で前菜が出てまいります。

牛タンの塩ゆではとても柔らかくておいしかったです。私はワサビの乗ったところだけを食べて残りは子供がパクリと言ってしまいました。

焼物

上タン塩
焼きしゃぶサーロイン
海鮮焼き
焼き野菜盛り
本日の厳選部位5種盛り

まずはタンからいただきます。こちらはゆでタン塩とは違い少し歯ごたえのあります。レモンを絞ってあっさりいただくのがおいしいですね。

続いて焼きしゃぶサーロインです。焼くのではなくさっと炙ってポン酢でいただきます。
網の上に置いてしまうと引っ付いてしまうくらいの薄さです。すき焼きでは最初に同じような焼きしゃぶがでて卵につけて食べることがありますが、ポン酢であっさりいただくのもとてもおいしかったです。もう口に入れた瞬間に溶けてしまうくらいの柔らかさです。

次は海老とホタテの海鮮焼きです。プリプリの海老とホタテをバターで焼いて浜醤油をかけてじっくり焼き上げます。

ここでお野菜(カボチャ、インゲン、エリンギ)をいただきます。

野菜を焼いているとメインディッシュとなる焼肉です。

5種類の部位が出てきました。カメノコ、トモシビ、トウガラシ、カタサンカク、シンシンだったと思います。

カメノコは内ももの下側にある球状の一部です。断面が亀の甲羅に似ていることからカメノコとなったそうです。赤身なのですが、とてもおいしく柔らかいです。
トウガラシもあまり聞かない部位ですよね。肩の一部ですが、甘くてモモのような肉質です。トモシビは初めて聞いた部位でしたがどこの部位なのか聞きそびれました。

これでコースの焼物は終わりでしたが、子供が思った以上においしく食べてくれたので、追加でアラカルトメニューを頼みました。

ホルモンでマルチョウと定番のカルビです。

ホルモンがとても甘くておいしかったです。他の店に比べて大きくて新鮮でした。こんなにおいしいホルモンは食べてなかったですね。口に残るガムのような触感はほとんどなく、溶けていきました。

カルビはやっぱり定番なのか特筆するほどでもないのですが、子供がよく食べてくれました。
食べやすいんでしょうね。

お食事

一通り焼物を楽しんだ後にご飯ものが出てまいります。

石焼ビビンバ
盛岡冷麺
チャンジャ茶漬け

の3種類から選びます。

石焼ビビンバおいしかったです。ナムルがたっぷり入っていて甘い味付けです。

甘味

最後にデザートです。

パンナコッタ、杏仁豆腐、わらび餅、バニラアイス、シャーベットから選びます。

こちらは(も)子供にほとんど食べられてしまいましたが、少しだけバニラを食べました。

感想

周りはデートや接待客が多くて子供は場違いなところもありますが、静かに食べてくれたのでよかったです。最近はなかなかレストランで食事する機会も少なくなったので、こうして家族と食べれるとうれしいですね。

子供もいつものお肉と違って食べやすかったと言っていました。いつもは少し筋が残ることがあるお肉が多かったですからね・・・たまには贅沢もいいものです。

少々苦言を申すと、、高級店にしてはスタッフがアルバイト?なのか少し雑でした。食べるペースを無視して店の都合で出してくるのと、机の上にいっぱいに並んだ状態で、お皿をお皿で押し分けて置いていくところはちょっと気分がよいものではありませんでしたね。

お肉やお食事はとてもおいしいだけに少し残念です。

きれいな桜とおいしい食事を堪能できて満足な一日でした。

今後もグルメクーポンを利用しておいしい食事を楽しみたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク