大和投資信託のiFree8資産バランスに興味津々

大和投資信託から新たに低コストのインデックスファンドが登場しました。

その中でも8つのアセットクラスに均等に投資していく8資産バランスに興味を持ち調べてみました。

スポンサーリンク




低コストインデックスiFreeとは

当シリーズは「投資、もっと⾃由に」をコンセプトに、投資者の皆さま(investors)が⾃由(Free)に選 べるファンドシリーズであること、購⼊・換⾦時の⼿数料が無料(Free)でインターネット (internet)でもご購 ⼊いただけることから「iFree」と名づけました。

引用:大和証券投資信託委託株式会社Press Releaseより

新たに新設された投資信託で2016年9月8日より運用が開始されました。
ラインナップは12本でどれも国内低水準の運用管理費用となっています。

現在はネット証券2社からのみの販売となっています。(SBI証券と楽天証券)

モーニングスター社のHPでは次のようにツールや情報提供が行われることが書かれていました。

 「FUNDROID」(ファンドロイド)と名付けたロボ・アドバイザーを提供する。投資スタイル診断や、資産分散シミュレーション、積立シミュレーションなどの機能を提供する。この「FUNDROID」の提供も含め、「iFree」には専用サイトを設けて独自の情報提供を行っていく予定だ。

モーニングスター社記事より
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1748172

このように低コストでサラリーマンでもいろいろな情報を収集が容易にできて、資産形成の手助けをしてくれるようになると本当にうれしいですね。

昨年末に設定された「たわらノーロードシリーズ」との比較

信託報酬をiFReeとたわらノーロードで比較してみます。コストは税抜き表示です。
アセットクラスは対応する指数などで示しています。

※SMTも追記(2016/9/24)

アセットクラス iFree たわら SMT
日経225 0.19% 0.195% 0.37%
TOPIX 0.19% 0.37%
JPX日経400 0.205% 0.37%
日本債券 0.14% 0.15% 0.37%
国内REIT 0.29% 0.30% 0.40%
外国株式 0.21% 0.225% 0.50%
NYダウ 0.225% 0.50%
外国債券 0.18% 0.20% 0.50%
外国REIT 0.31% 0.35% 0.55%
新興国株式 0.34% 0.495% 0.60%
新興国債券 0.22% 0.60%
8資産バランス 0.23%

iFreeでは幅広く様々なアセットクラスでの投資が可能になっています。そして信託報酬は他の低コストのインデックスファンドと比較してより下げてきています。

気になる8資産バランス

現在私はインデックスファンドでの積立をSMTシリーズで行い、ニッセイインデックスファンドやたわらノーロードシリーズをNISA口座で気が向いた時に購入しています。

以前からeMAXISシリーズの8資産バランスファンドを気にしていましたが、その信託報酬0.5%の半分以下の0.23%で設定した「iFree8資産バランス」は積立対象にしたいなと思い始めています。

私の中では8資産バランスは主力ではなく、全体の資産の底上げの意味で数万円程度の積立を設定してみる考えです。

今はSBI証券と楽天証券のみの販売とのことで、どちらの証券会社も開設していないため、この機会に開設するか・・・他の証券会社での発売を待つか・・・どうしよう。。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク