iシェアーズETF東証上場シリーズから分配金を貰いました

先進国株式と新興国株式への投資のためにETFを利用しています。

そのETF3本から分配金が支払われました。

スポンサーリンク




iシェアーズ東証上場シリーズ

私が購入しているETFは次の3本です。

  • 先進国株ETF(MSCIコクサイ) (1581)
  • エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI) (1582)
  • フロンティア株ETF(MSCIフロンティア100) (1583)

最近は新規での購入はしていませんが、NISA口座で継続的に保有を続けています。
分配金が基本的に行われていないインデックスの投資信託と比べて、ETFでは継続的に年2回の分配金が支払われています。一般口座や特定口座では分配金がでることで課税対象になってしまいますが、NISA口座では非課税です。そのため、分配金をもらったらその時の資産全体を考えてそのまま同じアセットクラスでなく他のアセットクラスの投資信託などを購入したりしています。

分配金

前回2016年8月にもらった金額と比較してみましょう。

ETF 2016年8月 2017年2月
先進国株ETF 49円 53円
エマージング株ETF 25円 46円
フロンティア株ETF 34円 1円

直近2回の分配金と現在の基準金額からみた利回りです。

ETF 分配金合計 基準金額 利回り
先進国株ETF 102円 6,510円 1.57%
エマージング株ETF 73円 5,310円 1.37%
フロンティア株ETF 35円 3,160円 1.11%

先進国株は好調で分配金も多く出ていますが、フロンティア株はまだまだ大きくマイナスになっています。

配当利回りでみると日経平均の平均配当利回りが1.57%ですから、先進国株としては日経平均と同等、新興国のエマージングとフロンティアについては下回っていますね。

エマージング株がここ半年ほど回復してきており、フロンティア株も昨年末くらいから回復してきています。新興国は長い目でみて成長していくと思っていますので、今後が楽しみです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク