iシェアーズ東証上場シリーズから10本が上場廃止

ブラックロック・ジャパンより同社のiシェアーズシリーズが10本ほど上場廃止になるとのプレスリリースが2017年9月28日にありました。

私が保有を続けているETFも対象となっているため、詳細を調べてみました。

スポンサーリンク




上場廃止の対象銘柄

  • 1361 iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF-JDR(iBoxxドル建てLHYC)
  • 1362 iシェアーズ 新興国債券ETF-JDR(自国通貨建)
  • 1363 iシェアーズ 米国債ETF-JDR(米7-10年国債)
  • 1581 iシェアーズ 先進国株ETF-JDR(MSCIコクサイ)
  • 1582 iシェアーズ エマージング株ETF-JDR(MSCIエマージングIMI)
  • 1583 iシェアーズ フロンティア株ETF-JDR(MSCIフロンティア100)
  • 1587 iシェアーズ 米国超大型株ETF-JDR(S&P100)
  • 1588 iシェアーズ 米国小型株ETF-JDR(ラッセル2000)
  • 1589 iシェアーズ 米国高配当株ETF-JDR(モーニングスター配当フォーカス)
  • 1590 iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF-JDR(ダウ・ジョーンズ米国不動産)

朱書きは私の保有銘柄・・・

受益者による異議申し立て

これから受益者に対して信託契約内容の通知が行われ、その通知に対して異議申し立てを行うことができます。

異議申し立てが過半数を超えなければ予定どおり上場廃止となります。

予定されているスケジュール

 対象受益者の権利確定⽇ 平成 29 年 10 ⽉ 12 ⽇ (⽊)
 受益者への催告書類発送 平成 29 年 11 ⽉ 17 ⽇ (⾦)
 受益者による異議申⽴期限 平成 29 年 12 ⽉ 19 ⽇ (⽕)
 異議申⽴結果開⽰ 平成 29 年 12 ⽉ 20 ⽇ (⽔)
 本信託契約の変更実施⽇(予定) 平成 29 年 12 ⽉ 20 ⽇ (⽔)
 取得請求開始⽇(予定) 平成 29 年 12 ⽉ 20 ⽇ (⽔)
 取得請求終了⽇(予定) 平成 30 年 1 ⽉ 8 ⽇ (⽉)
 東京証券取引所における最終売買⽇ 平成 30 年 1 ⽉ 19 ⽇ (⾦)
 上場廃⽌⽇ 平成 30 年 1 ⽉ 22 ⽇ (⽉)
 信託終了⽇(予定) 平成 30 年 1 ⽉ 24 ⽇ (⽔)

ETFの場合は上場廃止になっても紙切れにはならない

ETFの場合は上場廃止となっても、個別の株式と違い紙切れにはなりません。

ETFの場合は上場廃止によって投資信託の繰上償還と同等の扱いとなります。ETFでは金融資産を保有しており、上場廃止に伴って払い出しが行われます。連動している指数(例えばMSCIコクサイ)に応じて価格は上下していきます。

この点では個別株のように上場廃止が決まると高値で売り抜けようとする人達によってどんどん値が下がってきますが、ETFではこの心配はありません。

価格を確認しながら上場廃止までに売却予定

価値がなくなることはないとしても、売り手が多いと基準価格との乖離が大きくなる可能性はあります。様子を見ながら徐々に売却していこうと思います。

 東京証券取引所における最終売買⽇ 平成 30 年 1 ⽉ 19 ⽇ (⾦)

とのことですので、まだ期日までは余裕があります。あせらず情報を収集して対応していきたいと思います。

同時に発表された新規上場のETF

 i シェアーズ S&P 500 米国株 ETF(銘柄コード:1655)
 i シェアーズ・コア 米国債 7-10 年 ETF(銘柄コード:1656)
 i シェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF(銘柄コード:1657)
 i シェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF(銘柄コード:1658)
 i シェアーズ 米国リート ETF(銘柄コード:1659)

同時に5つのETFが東証に上場されました。

「i シェアーズ・コア MSCI 先進国株」や 「i シェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF」は以前からややこしかった米国による源泉徴収が30%かかる件が解消されているとのことです。今まで保有していたETFよりも有利な条件で投資を行うこともできるため、活用したいと思います。

「i シェアーズ・コア MSCI 先進国株(除く日本)ETF(銘柄コード:1657)」は信託報酬が0.19%となり、国内投資信託のなかでも低い分類に入る「ニッセイ外国株式インデックスファンド 」でも0.216%よりも低くなります。

また新しく上場したETFはまだ基準価格が2、000円/1口程度であり1口単位で売買が可能です。廃止になる保有ETFも6,000円程度でしたが、この気軽に買える価格がiシェアーズ東証上場シリーズの好きな点でした。

まだまだ純資産総額が低く今後どうなるかわかりませんが、購入候補の一つとして見守っていこうと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク