医療費控除の方法が変更になりました

確定申告に向けて医療費控除の準備をしていましたら、昨年までとは申告方法が違っていました。平成29年分から確定申告書作成コーナーでダウンロードできる「医療費集計フォーム」も変更されており、昨年までのフォームは使用できません。平成29年分の確定申告に向けて必要な準備について確認しておきましょう。

スポンサーリンク




平成28年分と平成29年分の医療費控除の大きな変更点

セルフメディケーション税制が始まったのも大きな変更点ですが、医療費控除についても変更点がありました。

セルフメディケーション税制にばかり気をとられており、医療費控除の変更点を見落としていました。

①領収書の添付が不要になった

②医療費集計フォームが変更になった

①領収書の添付が不要になった

平成28年分までは医療費控除の際に領収書を添付して提出する必要がありました。
平成29年分からは添付は不要となりその代りに自宅で5年間保管しておく必要があります。税務署から提出を求められた場合は提出しなくてはなりません。

今まで確定申告時に医療費控除の領収書の代わりにならないとされていた、健康保険組合などから届く医療費のお知らせが役に立つようになりました。領収書の代わりに添付して提出しておくことで領収書の自宅での保管が不要になるのです。

しかし、医療費のお知らせに記載されていない薬局などの費用や交通費などについては領収書を保管する必要があるので、まったく領収書の保管が不要になるわけではないですね。保管必要と不要に分けて管理するのも大変なので、私は全て保管にする予定です。

②医療費集計フォームが変更になった

国税庁の確定申告書作成コーナーで使用する医療費集計フォームが変更になりました。

いままでは「医療費の明細書」でしたが「医療費控除の明細書」となり医療費控除の申請に必須となりました。

平成28年分まで

平成29年分からはこちらのフォーム

今までは支払い年月日の記載が必要でしたが不要になり、病院などの単位で金額をまとめて記載する形式になりました。

なので領収書をいままでのように時系列に管理するのではなく、誰がどこでの単位でまとめておいた方がフォームの入力が楽になります。

平成29年からセルフメディケーション税制もスタート

平成29年からは医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が始まりました。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

引用:厚生労働省HP

一年間に対象の医薬品を1.2万円を超えて利用した場合に所得控除を受けることができる制度です。医療費控除は(基本的には)10万円を超えた場合に適用を受けることができますが、セルフメディケーション税制は1.2万円を超えたところから、超えた部分が所得控除の適用を受けることができます。8.8万円を超えた場合は8.8万円となります。

このセルフメディケーション税制は通常の医療費控除とどちらか一方のみ利用することができます。1年間の医療費が何にいくらかかったのかでどちらを利用するか判断しましょう。

まとめ

今後は次の点に注意して医療費控除に向けて準備しておきましょう。

①セルフメディケーション税制の対象となる費用かどうか

②健康保険組合から届く「医療費のお知らせ」はきちんと保管しておく

③領収書は人単位でどこで受診したのかまとめておく

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク