クレジットカードをプラチナカードに変更しました

もともとクレジットカードのメインカードとしては”三井住友VISA ゴールドカード”を利用していました。

インビテーションをもらったのをきっかけにプラチナカードに切り替えました!

プラチナカードなんてと思う人も多いようですが、使ってみなくては価値はわからないということでしばらく有効活用しています。

三井住友プラチナカードの数々の特典を実際に体験してお伝えしてみようと思います。

スポンサーリンク




三井住友プラチナカードとは

platinumcard_HP1

まずは基本情報から。

三井住友プラチナカードは三井住友カードの中でも最上位に位置するクレジットカードです。

年会費は税込で54,000円となります。
無料のクレジットカードが多い中、こんな年会費払う意味があるのかどうか疑問でしたが、数々のサービスを確認したところメリットは多いと感じて私は切り替えを決めました。

プラチナカードの特徴ともいえるサービスはこのあといろいろ紹介していきますが、通常のクレジットカードとは比べ物にならないくらい多くのサービスがあります。

またショッピング枠も基本300万からとなっており、最初から500万のクレジット枠が与えられることになります。一度に300万以上も使うことはめったに、いやほとんどないんですけど、、過去に旅行などに行くときはカード会社に連絡して一時的に枠を上げてもらうことはありました。そのようなこともする必要がなく使うことができます。

年会費を分析してみる

年会費は54,000円になります。

私の年間カード使用金額を300万とします。保険の支払いや生活費のほとんどをカード払いにしているので、年間使用額としてはこのくらいになります。

ポイント

ポイントは1,000円毎に1Pで約5円相当ですから、ポイント付与率は0.5%になります。クレジットカードとしては最低ランクのポイント付与率ですよね。

しかし、ゴールドカードでもありましたが、ボーナスポイントと言って前年度の使用金額に応じてステージが決まります。300万以上の使用実績でV3となり、50万で300P、以降10万毎に60P付与されます。

毎年300万支払うとすると、1,800Pもらえます。

300万に対するポイントは3,000Pですから合計4,800Pとなります。
ですのでポイント還元率は0.8%にアップしています。

よってポイントでは24,000円分

カードご利用プレゼント

6ヵ月間のカードお支払金額合計が50万円以上の方に、6ヵ月間のカードお支払い額の0.5%相当額(2,000円以上最高30,000円まで)の三井住友カードVJAギフトカードを年2回プレゼントいたします。

厳密には違いますが、半年間の使用金額を150万とします。

もらえるギフトカードは7,500円分。しかし1,000円未満は切り捨てなので、7,000円分のVJAギフトカードがもらえます。

年間にすると14,000円分のギフトカードになります。

メンバーズセレクション

年1回贈り物がもらえます。

プレゼントの内容は毎年少し違うようですが、基本的には次の中から一つ選ぶことになります。

  • プライオリティパス
  • セカンドオピニオン
  • 品物(2016年はミニウォレットかボウルセット)
  • 食の逸品

選ぶ商品によって金額はバラバラですが、

プライオリティパスなら無料で空港ラウンジが使えるタイプなのでプレステージ会員として年会費399ドル(=44,000円相当)分になります。

食の逸品などでは松阪牛すき焼・焼肉用 450g ですから、デパート価格なら10,000円相当ですね。

大体10,000円相当としておいて、計算してみましょう。

プラチナグルメクーポン

1流レストランでの食事代が1名分無料になるクーポンが届きます。
詳細は別途するとして、10,000円~30,000円程度のコース料理が二人で行けば半額になるようなものです。

我が家でも記念日などに日本食やお寿司を中心に贅沢な食事を楽しみますが、その時に受けるサービスで最低10,000円はお得になります。

ホテルや旅館の割引

プラチナホテルとして、部屋のアップグレードがあったり、スイートルームが50%OFFになったりいろいろなサービスがあります。

reluxという会員制の旅館やホテルの予約サービスでは5%の割引をうけることができます。

以前の旅行ではコンシェルジュ経由で15%OFFの特別サービスがありました。JTBで手配するより安くいくことができたのです。この時の宿代は5万円程度でしたので7,500円相当の割引ですね。

これも計算はし難いですが、旅行の頻度によっては年間10,000円程度は受けることができます。

ここまでのサービス分だけでも合算すると

ポイント(24,000円)

カード利用額プレゼント(14,000円)

メンバーズセレクション(10,000円)

プラチナグルメクーポン(10,000円)

プラチナホテル(10,000円)
=68,000円

となります。

年間300万程度利用する。一流レストランで食事をする。年に2回は旅行する。などの前提条件が付きますが、この程度の利用で年会費以上の還元やサービスを受けることができます。

プラチナカードのサービス

還元率などの計算は実際にはあまり意味がありませんが、目先の年会費だけに注目せず様々なサービスを受けることで以外にもお得にちょっとした贅沢をしたりすることができます。

プラチナカードで受けた真のサービスはまだ他にもあります。次回にでもそのあたりを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク