ポートフォリオ2017年3月

桜が少し咲いてきたところでやっぱり雨ですね。ちょっと冬に戻った感じになりましたが、来週には桜が満開になりそうです。
本日から2017年度はじまりです。いろいろな目標を達成できるように頑張っていきたいと思います。

3月の為替は上旬に115円を超えたと思ったら110円まで円高になり月末には少し回復したものの111円台の動きでした。オバマケア(米医療保険制度改革)に関連して米国の経済政策への懸念が高まり市場は少し後退ぎみですね。

2月に少し回復してきたプラチナの価格も下落しています。

本日の市場の状況を整理しておきましょう。

日経平均:18,909円
TOPIX:1,512
米ドル/円:111.4
金:4,871円
プラチナ:3,796円
*金、プラチナ価格:田中貴金属株式会社 税込小売価格

スポンサーリンク




ポートフォリオ

資産配分の変化

先月と今月の比較です。(先月との差)

日本株式:21.6% → 21.7%(0.1%)
日本債券:9.7% → 9.9%(0.2%)
先進国株式:23.4% → 23.4%(0.0%)
先進国債券:13.4% → 13.6%(0.2%)
新興国株式:7.8% → 7.9%(0.1%)
新興国債券:4.3% → 3.4%(▼0.9%)
国内REIT:6.9% → 6.9%(0.0%)
海外REIT:5.7% → 6.2%(0.5%)
バランス:0.0% → 0.0%(0.0%)
コモディティ:7.2% → 7.0%(▼0.2%)

3月の資産状況の変化

2月に実施した資産の移し替えや付け間違いの修正を少し行ってきましたが、まだまだ目標比率との乖離があります。

新興国債券は上昇してきていたので、一部のエマジーングソブリンの投資信託を売却しました。
日本債券がまだまだ足りなくなっているため、4月は個人向け国債の毎月の買い付け金額を増やそうかなと考えています。
今の私の無リスク資産(流動性資産+日本債券)は27.35%。日本人としてはリスク資産によっている方だと思いますが、まだまだ世界で推奨されている基準と比べると少な目です。
さらに生活予備資金など資産管理とは別にしている預金もありますので、無リスク資産の比率はもう少し高くなります。

ポートフォリオは自分が負っても平気な資産の減少の範囲を考慮しながらリターンを高めていける比率にすることが大事です。

自分の身の回りの状況も常に変化するので、最適解を探しつつ淡々と目標として設定した配分になるように積み立てていくことをやっています。

4月は日本債券の比率を増やしつつ、為替の状況を見ながら先進国株式の比率をあげていこうと考えています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク