資産状況2017年まとめ

2017年も残すところあと1日となりました。2018年がやってきます。

2017年は世の中も少しづつ変化を見せた年だったと思います。トランプ大統領の就任をはじめ世界での大きな変化、日本でも働き方改革などをはじめ仕事に対しての考え方も変わってきていると思います。2020年の東京オリンピックに向けてもまだまだ大きく変わっていくでしょう。その中でも2017年は変化の兆しになった年だと私は思っています。

私の資産も安定してきて、順調に資産を増やしていくことができました。

今回は2017年の資産の振り返りをしてみたいと思います。

スポンサーリンク




資産の増加率

2017年の資産は年初と比較して約18.3%ほど増やすことができました。
毎月の積立や確定拠出年金などの資産の合計になります。

先進国株式、日本株式などの株式資産が堅調に推移し、高値を更新などする場面も多くありました。それらの恩恵もうけつつの18.3%の増加はとても大きいです。

資産が増えることで安定性も増してきましたし、多少の売却などでは配分が崩れることがなく投資が行いやすくなったと思います。

資産の変化としては住宅ローンの返済なども合わせるともっと増えてきていると思います。繰り上げ返済による効果も考慮すると資産全体では5.4%ほどの増加となっています。

今後に向けて

給料は残念なことに減少傾向にあるため、補うためにも資産の運用も大切です。ライフプランニングで想定している資産形成を達成できるようにしていきたいと思います。

いつ大きなバブル崩壊のようなことが起こるかわかりません。

分からないからこそ資産配分をしっかり守り、リスク範囲を考慮した資産形成を行っていきたいと思います。多少の投機(ビットコインなど)も行うこともありますが、ポートフォリオを守って行きたいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク