やめてよかったこと

過去の家計簿などを確認していて、やめてよかったなと改めて思ったことがいくつかでてきました。生きていくことに対して必ずしも必要でないのに、ついつい習慣になってしまって継続してしまったことなど、勇気をもってやめてみると本当にやめて良かったと思います。

私がやめてよかったと思うことをいくつかピックアップしてみます。

スポンサーリンク




やめてよかったこと

  1. たばこ
  2. お酒
  3. ギャンブル
  4. ゲーム
  5. 独身

1.たばこ

何といっても一番はたばこだと思います。
止めてからもう3年近く経ちました。

学生時代なんとなく周りの影響から吸い始めてしまい、気づいたら十数年間吸い続けていました。1日に1箱から2箱と吸っていましたので結構ヘビースモーカーだったかと思います。

1箱約400円程度でしたので、金額換算すると
400(円/箱)×1.5(箱/日)×365(日)=219,000(円)
1年間にこんなに使っていたんですね。
金銭的にも大きな負担になっていました。

吸っている時はよくストレス解消とか気分転換と思っていましたが、実際はたばこに縛られて生活していたと思います。たばこを吸いたいという余計なストレスを背負っていたんですよね。

たばこを止めてよかったと思うことに長距離移動があります。
数時間にもおよぶ飛行機や新幹線での移動は苦痛でした。たばこが吸いたくてしょうがないのです。
それが止めてからはまったく気にならないので、いらいらすることもなく、ゆったりと読書や会話、睡眠にあてることができるようになりました。

止めようと思ったことは何度もありましたが、思うだけでどうしても止められません。
子供が生まれたら止めようと思っていたのにそれでも止められないのです。
ですので私は「禁煙外来」に思い切って通ってみました。
薬やカウンセリングなどの効果もあって止めようと決めた日に最後の1本を吸ってからは一切吸っていません。
禁煙してからしばらくはつらいこともありましたが、今では煙のそばが嫌になるほどの変わりようです。

本当に止めてよかったことのNo.1です。

2.お酒

これは止めたというわけでもないのですが、、無駄な飲み会などへの参加や惰性や習慣で居酒屋やバーにいくことをやめました。

仕事帰りのちょっと一杯は楽しみの一つであったり、コミュニケーションの一環であったりするのですが、行きつけのバーなどにフラッと立ち寄るなどということは止めたのです。

これは金額換算が難しいですが、毎月1,2万円、年間20万円近くになるのではないでしょうか。

確かにバーなどでの出会いや話す機会が減った人は多いです。しかし、連絡とる人はバーで飲んでいなくても連絡を取り合います。ただただその場限りの付き合いでなく、濃い付き合いができる人が残った形になる気がします。

これからも無駄にお酒の機会を増やすのでなく、有効な時間の使い方にあてていきたいです。

出会いはとても大事なのですけどね。

3.ギャンブル

パチンコやスロットなど学生時代から大好きで休みの日はよく行っていました。

勝ったり、負けたり、負けたり、負けたり
総額でいくら負けたのか分かりません。
今思うと本当に無駄な時間だったなと思います。
その時は楽しかったはずなんですが、良い思い出ってのはほとんどないですよね。
大勝ちしたこともありますが、散財してすぐになくなってしまうか、次に大負けしてなくなってしまいます。

しかし、ギャンブルは止めようと思って止めたのではなかったです。
たばこを止めたことでなんとなくパチンコ屋にいるのが嫌になり、単調な時間が無駄に感じなんとなく離れていった、しばらくやるのを止めていたら特に行きたいと感じなくなった。
そんな感じでした。

時間ができることで他にやりたいことが出てくるという好循環になっていますね。

4.ゲーム

これもそんなにやっていたわけではないですが、いくつか好きなゲームがあって遊んでいました。

特にネットゲームは楽しくなってしまって、時間が許す限り遊んでいたと思います。
結婚してからも夫婦で楽しんだりしていました。

1日に1,2時間遊んでるとしても1年間に500時間以上をゲームに時間を費やしています。
ある一つのことを成し遂げるには1,000時間必要と言われます。試験勉強とかですね。
仕事も忙しくなって疲れているところでこれからの人生設計を考えてみると、時間がないないと思っていました。そんな時に時間を作るためにゲームの時間を減らすことを試みました。

今でもたまに気分転換に遊びたいなと思うこともありますが、人生の中での優先度を考えて遊ぶかどうか考えています。

5.独身

独身、、。一人でやめようとしてやめられるものではないですが、、、

良き妻、そしてかわいい子供と自分中心の人生から家族中心の人生に変わりました。

もちろん自分の時間は大幅に減っていますが、それ以上にいろいろなことに変化が起きています。やめてよかったことの1.~4.も全て家族ができたからであったかも知れません。

やめてよかった

全てが無駄ではないかも知れないけど無駄かもしれないことがたくさんあります。
明らかに無駄なお金や時間であったこともあります。

人生設計を行う上でどうしても優先度をつけなくてはいけません。
限られた資金、時間を有効に使うために、取捨選択は常に必要なんではないかと思います。

上記5点はどれも私にとっては本当にやめてよかったと思っています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク