子供への教育資金としての学資保険と低解約払戻保険

私は子供への教育資金の一部を保険で運用しています。

子供一人当たりの教育資金は1000万円かかるとも言われています。
その資金の一部を貯めるためには、貯金や投資、学資保険などもいろいろありますが、私は保険を使っていくことにしています。

どの方法にもメリット・デメリットがあります。

今日は保険を使う点とその中でも私が利用した低解約払戻保険の特徴を整理してみます。

スポンサーリンク




教育資金に保険を使うメリットとデメリット

教育資金に1000万かかるとも言われても、公立で進めた場合ですね。幼稚園から大学まで全部私立ですと2000万かかるかも知れません。さらに学習塾とか行きだしたらもっとかかりますね。

我が家は親の方針としては公立で進学して行ってほしいのですが、子供の学力や希望でどうなるかわかりませんね。

しかしそのあたりを心配していもなんですし、高校くらいまでは毎月のキャッシュフロー内で何とかしていきたいと思っています。

そのため、大学入学にターゲットをおいて一部を保険で運用していこうと考えているのです。

保険で教育資金を貯めるメリット

なんと言っても私が死亡したりや高度障害などになって稼ぐことができなかった場合への備えです。他にも生命保険などには加入していますがここでは子供の教育資金の名目で別枠で加入しています。

貯蓄は△、保険は□と言いますが、貯蓄では目標金額を貯める前に私に何かあったらそこで積立た金額は終わりです。保険であればそこに保障がついてきますので、設定した金額が教育資金として確保することができるのです。

では、デメリットは?

保険ですから、支払った金額すべてが運用に回されるのではなく、保険会社の手数料や保険の金額などの残りが貯まっていくイメージになります。

ですから、問題なく一定の期間に対して他の投資にて運用した場合よりも効率は落ちることになります。もっとも投資効率も一定でないですから必要な時期にベストな運用益が出ているとも限らないですが。

学資保険と低解約払戻保険

保険にも様々な種類があります。

学資保険

子供のための支払に特化したものがほとんで、18歳や20歳にターゲットをおいたり、満期保険金だけでなくて6歳(小学校入学)、12歳(中学校入学)、15歳(高校入学)などにお祝い金として支給されるタイプもあります。

払戻率も110%程度のものが多いようです。

払戻率って?

学資保険でよく重要視されるのが払戻率です。ふこく生命の「みらいのつばさ」では110.1%(契約条件によって変わります)などとでています。毎月1万程度の保険料を18年間支払ったとして、その払い込み金額の何%が満期保険金として受け取れるかを示しています。

毎月12,000円を18年間支払ったとしましょう。

12,000円 × 12か月 × 18年 = 2,592,000円

これが払込保険料となります。

これに対して満期保険金が3,000,000円だったとすると、

3,000,000円 ÷ 2,592,000円 = 1.157

となります。ですから払戻率は115.7%となるわけですね。

低解約払戻保険

私はこちらを選択しました。

低解約払戻保険とは決められた期間よりも早めに解約すると通常よりも解約払戻金がすくなくなるように設定されている保険です。

決められた期間を過ぎるまではかなり払戻金が少なくなるのですが、低解約払戻期間を過ぎると通常の終身保険のように払い出されるため、貯蓄と保障を兼ねていると思います。

20150418_hoken_graph

図にしてみましたが、わかりますでしょうか。。

大学入学以降にターゲットをおいてみる

私は大学入学に向けてターゲットを置いているので、払込期間は18年間です。

子供が生まれてすぐに加入したので、18歳の大学入学のころに解約すれば払込保険料よりも多く解約払戻金がもらえることになります。

低解約払戻保険はもとは終身保険でもあるので、大学入学のころに貯蓄で賄える場合は解約せずにおけばそのまま終身保険として決められた積立利率で運用されて解約払戻金は増えていきます。

大事なこと

何事もひとつに絞らず分散することです。

どれにもメリット・デメリットがありますから、最適な方法を選んでいくことですね。

おまけ

保険の払込をクレジットカードで行うとポイントが貯まります。

貯金や投資ではここまでポイント貯まることはなかなかないと思いますので、クレジットカードでの支払いはお得ですよ!

私は年払いにしているので、この時期に大きな引き落としがあって一瞬びっくりしますが、その後はポイントがしっかりと貯まっていっています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. ちゃろさん より:

    お久しぶりです。今は、浙江省東陽市から帰ってきたところで関空からコメント書いてます。久しぶりにブログを確認したら移転しててびっくり。これからもブログ頑張ってね。

    • たすく より:

      >ちゃろさん

      久しぶり!訪問ありがとう。
      浙江省東陽市・・・面白そうなところに行ってるではないですか!
      移転してみたけど仕事忙しくてアクセスもできない状況ですorz
      少しでも頑張って書こうと思います!!