保険の解約返戻金を資産として数えよう

私は子供の教育資金として一部を保険で積み立てています。

保険の種類にもよりますが、解約した時にお金が戻ってくることがあります。
今回はこの解約払戻金についてまとめておいて、私がどのように資産として計算しているかをご紹介します。

スポンサーリンク




そもそも解約払戻金って?

解約払戻金とは契約している保険を契約期間中に解約した場合に支払われるものです。

私が教育資金として積み立てている保険は保険期間が「終身」です。払込期間は10年や18年などで区切ってあるのですが、払込が終わっても解約するまでずっと保険として有効になります。ですから、積み立てたお金を引き出すには必ず解約する必要があるのです。

解約払戻金とは

解約払戻金は必ずあるとは限りません。終身保険、養老保険、学資保険などの貯蓄性が高い保険は解約払戻金がありますが、医療保険などはほとんどが解約払戻金はありません。

解約払戻金は支払った保険料が全額もどるのではなく、保険料を「保障と積立」に分け積立部分に対してが解約払戻金となります。厳密には積立部分からさらに手数料などが引かれます。

保険の加入書や契約状況の資料を確認しよう

一年に一度くらい保険会社から加入中の保険の「契約内容のお知らせ」といったものが届くと思います。その中には契約の基本情報、保険金額、解約払戻金について記載があるはずです。

この解約払戻金の金額を確認しておきましょう。

これが0円になっていたら、その保険はいわゆる掛け捨て型の保険となり、解約払戻金はありません。

解約払戻金はどの資産クラス?

私は解約払戻金も資産管理に計上しています。
資産クラスは「日本債券」として無リスク資産の扱いにしています。

お金が必要になった場合の解約候補としては優先度が低いですが、いざお金が必要になった時にどこにどれだけお金があるのかを把握しておくためには管理対象としておいた方がよいです。

低解約払戻保険の場合は支払った直後から含み損をかかえるようなものですが、決まった年月が経つと予定利率どおりに資産を増やすことができるので、長期的に見ればリスクが低いと考えています。

低解約払戻保険での教育資金について

一年ほど前に書いた記事ですが、こちらも見てみてください。

私は子供への教育資金の一部を保険で運用しています。 子供一人当たりの教育資金は1000万円かかるとも言われています。 その資金の一部...

子供の大学受験をターゲットにした積立の一部なので、解約する気はまったくありませんが、これも立派な資産の一部なので、全資産を把握したうえで管理をするようにしていきます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク