クレジットカードは使わない!?

家計管理や貯蓄など様々な書籍や記事が世の中にあふれています。

どれも参考になることが多いのですが、私の個人としては一つだけ大きく意見が合わないものがあります。

それがクレジットカードの使い方です。

その場に現金がなくても買い物ができる大変便利なものですが、それがメリット/デメリットになるため意見が分かれるのだと思います。

スポンサーリンク




貯蓄にはクレジットカードを使わない方がよい?

極論を言えば
「クレジットカードを使う」=「お金をつかう」
ですから使わない方が貯蓄にはつながると思います。

しかしそれは話題の本質ではありません。

クレジットカードを使ったメリット

お金を使う必要があるときに現金で支払うか、クレジットカードで支払うかの選択肢があった場合にはクレジットカードを使える場合はクレジットカードで支払った方がよいと私は考えています。

私のメリットは次の点です。

  1. ポイントが貯まる
    クレジットカードにはポイントサービスが付いています。このポイントの還元率とポイントの使い方によっては割引を受けているのと同等になります。
  2. 支払いを1ヵ月程度先送りできる
    支払いはまとめて翌月に引き落とされます。カードの締め切りによっては1か月以上先になるケースもあると思います。ということはその時に使用するはずだった現金を違う用途にも使えることになります。
  3. 支払った記録が残る。
    現金での場合は領収書などで記録が残りますが、クレジットカードの場合はすべての支払が自動でまとめてくれます。マネーフォワードのようなサービスを利用すれば自動的に家計簿をつけているのと同じようなことになることもあります。
  4. 支払いがスムーズである
    小銭のやり取りなどを考えると支払いがとてもスムーズです。サインレスでない場合は少々手間がかかることもありますが、数万円以下の場合はサインレスになっているところが多くなっていると思います。コンビニ、スーパーなんかはサインレスが多いですね。
  5. 現金が手元になくてもその場で必要な買い物ができる
    お金をもっていなくてもというよりは、銀行やATMに行って下ろしてからまた買い物をするというケースでの時間的消費を避けることができます。自分に買う余裕がないのに買ってしまうということではありません。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードを使わない方がよいと主張する方の意見は大きく次のようなものがあると思います。

  1. 手持ちの資金以上のものを買ってしまう
  2. ついつい買い過ぎてしまう
  3. 実際に財布の中身が減っていないため、お金があるように感じてしまう

これは確かにその通りだと思います。私にも経験はあります。

しかし私はこれらは自己管理の甘さだと思っています。
クレジットカードを使うことが良い悪いではなくて、それ以前の問題なのではないでしょうか。

貯蓄する上で大事なこと

自分に必要なものは何か、自分が何を買って貯蓄やこずかいの残りはいくらなのかなどをきちんと把握しておくことは貯蓄する上で大事な点です。
厳しいことを言っているのかもしれませんが、これができなくては貯蓄する基本ができていないことになると考えています。

クレジットカードはもっと活用しよう

生活費の2,3ヶ月分の貯蓄がないならクレジットカードは控えた方がよい

私の経験談ですが、学生や社会人なり立てのころでまだ貯蓄が十分でなかったときにもクレジットカードを使っていて、失敗(滞納)したことがあります。それはもちろん自己管理の甘さだったのです。

貯蓄が十分でない場合はちょっと自分に甘くしたり、ついついなどのことがあった時に一度支払っておいてのちに節約してリカバリーする(数か月で平均化する)ことが難しくなります。

ちょっとした気のゆるみがすぐに滞納に繋がってしまい、信用などを傷つけることになりますのでデメリットが大きくなることでしょう。

クレジットカードのメリットを最大限に活かそう

自分の資産をきちんと把握してメリットを最大限に活かして買い物をしましょう。

使えるべきサービスを逃してしまうのはそれはもったいないですし、クレジットカードを使う使わないの前に貯蓄をしていく上で自分の収支を把握することは大前提の基礎だと思います。

本質を間違ってしまわないようにしたいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク